PTAはだれのため?

2017年10月22日


こんにちはコミュオです。

先日、子供の中学校のPTA活動がありました。

平日、仕事が終わってから参加しました。

その日は10人ほど集まりましたが男は僕一人です。

ママさんたちの中に男一人。

なかなかなじめません。

そこでおこなった活動は、どんな活動かというと

『選考委員会』です。

みなさん、選考委員会ご存じですか?

次期PTAの執行部の人選をするという委員会で

これが大変なんです。

僕は、選考委員会の活動内容はよく知らずに

あみだくじで選ばれてしまいました。

ちなみに、あみだくじは公平ではないということ

知ってました?

僕は、最近知りました。

あみだくじ

ちょっと話がそれてしまいますが

あみだくじで思い起こすことはやはり

さんまさんですね。

これがわかるひとはかなり古い(笑)

♪あみだくじ~

♪あみだくじ~

♪引いて楽しいあみだくじ~

そう、さんまさんの『あみだばばあ』

あ~あの頃に戻りたい。

そういう話ではなくて。

あみだくじは公平ではないという話。

どういうことかというと

スタートとゴールが同じになる確率が高いそうです。

そうでなくても、スタートに近いところにあたりがくることが多いそうです。

ということは、

もし、あたりの場所がわかっているときには

なるべくあたりから離れたところを選ぶというのが必勝パターンとなります。

はやくこのことを知っていれば

とも思いましたが

選考委員会のときはゴール(あたり)が隠してあって

この攻略法は使えなかったな。と思いました。

話を戻して

選ばれてしまったものはしかたがないので

選考委員会に出席しました。

初日は、選考委員長を決めるということで

また、あみだくじ。

選考委員会に集まった皆さん曰く。

「私はくじが強い。」

「みんなくじに当たってここに来ている。」

みんな「自分はくじが強いと思っている。」

あ~いっしょだ。

僕も、当たりを引いてしまいそうな気がして

心臓バクバクでした。

しかし、

あみだくじの結果、僕は委員長を免れました。

ほっとしましたけど

それでも、選考委員会の仕事は大変です。

次期PTA執行部を引き受けてくれそうなひとに電話攻撃。

でも、そう簡単に引き受けてくれる人はいません。

PTA廃止をどう思いますか?

全国の中にはPTAを廃止した学校もあるようです。

調べてみるとPTAを廃止して、その代わりに「保護者の会」を作っている学校もあるようです。

いずれにしても何らかの形で保護者の協力は必要だと思います。

そんな学校運営にも重要なPTA活動です。

子供たちのためにもPTAを担ってくれるひとをがんばって見つけていきたいと思います。

まとめ

学校の運営には保護者の協力が必要。

それが「PTA」でも、「保護者の会」でも保護者の理解が得られる形であればいいと思います。

自主積極的に協力を得られるのが理想ですが、それが難しいのも現実です。

いろんなことをくじで決めてしまうのも致し方ないと思いますが、公平なくじを利用することを望みます。