はじめまして

2020年8月18日


初めまして「コミュオ」と申します。

スタッフ数20名ほどの建設会社で経理を担当しています。

2016年:「アルファ碁」がプロ棋士に勝利を収めました。

このニュースをきっかけにAI・人工知能が大変話題になったことを覚えています。

そして、AI・人工知能によって消える仕事が数多く出てくることも言われるようになりました。

その中に僕のしている経理の仕事も含まれていました。

また時を同じくして働き方改革が提唱されるようになりました。

これからのAI・人工知能社会をどう生き残るか。

今のままで大丈夫なのか。

あの頃から悶々とした日々を過ごしてきました。

2020年:新型コロナウイルスの感染拡大。

社会は生活様式、働き方を変えざるを得なくなりました。

経理という仕事は今後どのように変わっていくのか。

一言で経理といっても

会社の規模

会社の業務内容

IT化が進んでいるのか

まだまだアナログでやっているのか

いろいろな状況でさまざまな形の経理があると思います。

僕は今、経理という仕事を変えていきたいと思っています。

ペーパーレス

キャッシュレス

が進んでいけば仕事のやり方は大きく変わります。

それに加え、脱エクセル

これは何かというと

多分、多くの経理担当者はエクセルを駆使しさまざまなデータ集計などを

していることと思います。

僕も自作しているエクセルファイルを見ると

未収金管理表

資金繰り管理表

未成工事管理表

外注支払管理表

クレジットカード使用管理表

担当者別売上粗利集計表

収支予測表

スタッフ名簿

顧客名簿

などなど、作っています。

この他にも、紙・ノートに手書きで管理しているものもあります。

こうなるとテレワークなどとてもできません。

そこで考えたのが脱エクセルです。

経理が扱うものはほとんどが情報・データです。

そのデータをすべてデータベース化できたら。

エクセルだとばらばらに存在しているデータをすべてつなげることができる。

もっと価値のあるデータにできるのではないか。

僕はプログラミングにも興味を持っていました。

プログラミングでばらばらに存在するエクセルデータをデータベース化したら

これは自分のスキルも向上するし、仕事の効率もよくなる

一石二鳥ではないかと考えたのです。

これから先、今までの経理がAI・人工知能によって淘汰されていくことに

ただ不安をもつのではなく

新たなスキルを身に付け付加価値の高いものを提供できるようになれば

必要とされる人材になるのではないか。

僕がこれから取り組んでいくことをこの場で公開し

もし、僕と同じような境遇の経理の仕事をしている人がいれば

なにか参考になるようなことがあればうれしく思います。

売上帳

Posted by comyuo