クラウドソーシングで副業のすすめ

2017年11月23日


 

こんにちはコミュオです。

前回、クラウドソーシングで副業を始めたということを書きました。

今回はクラウドソーシングについて詳しくお話ししたいと思います。

クラウドソーシングとは

一言で言うと

仕事を頼みたい人と

仕事を受けたい人を

マッチングするサービスです。

例えばホームページを作成したい企業がクラウドソーシングのサイトに登録すると

ホームページ作りますよ。という人が依頼主の登録を見て僕作りますよ。というふうに応募します。

そこでお互いがつながり条件が合えば仕事が成立するという仕組みです。

仕事内容によっては納期が守れるなら時間も場所も自由ですので、サラリーマンでも副業として取り組みやすいのです。

http://comyuo.com/?p=244

今ではクラウドソーシングのサイトもたくさんあります。

僕は、その中の

「ココナラ」

「ランサーズ」

「クラウドワークス」

という3つのサイトに登録しました。

クラウドソーシングに登録することは別に難しいことではないのですが

この中で仕事を受注するというのはとても難しいことだと痛感しています。

クラウドソーシングには、数十万人という人が登録しています。

いわば、みんなライバルです。そのライバルに勝って仕事を受注しなければならないのです。

今この段階ではサラリーマンのほうが楽だと実感しています。

好むと好まざるはおいといて、会社に行けば仕事があります。そして毎月、給料が入ります。

クラウドソーシングはプロの世界です。

まずは仕事の依頼主のめがねにかからなければなりません。

自己PRが重要

自分を売り込まなければなりません。

そうです。

今までまったくやってこなかったこと。

自分を売り込むということ。

自分を買ってもらうためにはどうすればいいのか。

大きな壁です。

皆さんは今まで自分を売ったことがありますか?

自分を買ってもらったことがありますか?

それは会社の看板のおかげではないですか?

クラウドソーシングは基本的に個人です。

今までどこの会社でどんな仕事をしてきたという経歴はたしかに武器になります。

僕はクラウドソーシングに登録したといいましたけど、まだ完成ではありません。途中段階です。

自己PRがなかなか書けません。

これが今の僕なんだ。僕の実力はこの程度なんだ。と自分の非力さを思い知らされています。

まとめ

サラリーマンの皆さん。

クラウドソーシングに登録することをおすすめします。

そして、自己PRを書いてみてください。

今の自分が見えてきます。自分の実力がわかります。

自分に何が足りないのか見えてきます。

そして、ライバルの自己PRを見てください。

世の中にはたくさんのプロフェッショナルがいます。

順調に仕事を勝ち取っている人もいれば

まったく仕事を受けていない人もいます。

あなたもその中の一人です。