ネット社会を生き抜く知識を身に付けよう

2017年11月27日


 

 

IT技術の発展、インターネットが普及して便利になったと思うこと、得したなと思うこと、

反面、不便になったなと思うこと、損したなと思うことはありますか?

 

インターネットのプラス面

僕が、インターネットによって便利になった、得したなと思うこと
  • 今まで人に頼んでいたことが自分でできるようになった。
  • いろいろなことが簡単に調べられるようになった。
  • ものを購入するときに価格や性能を簡単に比較できるようになった。
  • ものを購入するときに実際の購入者の感想を調べ参考にできるようになった。
  • ものを安く購入できるようになった。
  • 簡単に通信販売が利用できるようになった。
  • 銀行に行かなくても送金できるようになった。
  • 写真やPCで作成したデータをほかの人に送ることができるようになった。
  • 世界のどこにいても遠く離れたところにいる人とコミュニケーションが取れるようになった。
  • 世界中の動画を簡単に楽しめるようになった。
  • 文章、写真、イラスト、音楽、映像、自分が表現したいものが簡単に、世界中に発信できるようになった。
  • いろいろなことが短時間でできるようになった。
  • 税務署に行かなくても確定申告ができるようになった。
  • 知らない人とゲームで対戦できるようになった。
  • 不要なものを簡単に売買できるようになった。
  • 副業しやすくなった。
  • 見損なったテレビを見ることができるようになった。
  • いろいろな地域のラジオが聞けるようになった。
  • 役場に行かなくても手続きに必要な書類が手に入るようになった。
  • スケジュールの管理、調整がしやすくなった。
  • 自分の活動記録、健康管理がしやすくなった。
  • 読めない英語の情報が翻訳で理解しやすくなった。
IT技術の発展、インターネットの普及によって便利になったこと、得したこと。

ほかにもまだあるかと思います。

これだけ列挙しても、本当に便利になったと実感がわいてきます。

インターネットのマイナス面

  • IT技術の発展により、自分の仕事がコンピューターに置き換わってしまうのではないかという不安が出てきた。
  • 違法コピーによる利益の侵害。
  • 著作権の侵害。
  • プライバシーの侵害。
  • 違法アクセスによる犯罪。
  • 情報を見極める能力が必要。
  • 簡単に人を誹謗中傷できる。
  • ワンクリック詐欺などの犯罪。
  • 架空請求による犯罪。
  • コンピューターウイルスによる被害。
  • ハッキングによる財産消滅の不安。
逆にインターネットのマイナス面をあげてみました。

特に目立つのはインターネットを利用した犯罪の増加です。

 

ネット社会を生き抜く知識

皆さんは上記のプラス面、マイナス面を見てどのように感じられたでしょうか?

受け取り方はひとそれぞれで、自分の置かれている環境によって180度変わってくると思います。

IT技術、インターネットをうまく活用するためにはそれなりの知識、経験が必要です。

インターネットを利用した犯罪を防ぐためにはどうしたら良いのか。

犯罪にあうのが怖いからと言って、インターネットを使わずに生きていくことは不可能です。

インターネットのどんなところに犯罪が潜んでいるのか、知識を身に着け、できれば経験してみるのがいい方法です。

実際に触ってみて免疫力をつけるのです。

例えば予防接種はその典型です。

弱いウイルスに感染し免疫を作り出す。

しかし、医療の現場ではそうした予防医療が確立し医師のもとでおこなわれますので安心ですが、インターネットの世界ではそうはいきません。

未知の世界に安易に足を踏み入れると痛い目にあってしまいます。

僕が今、インターネットを活用できているのは自分で独自に知識を身に付けてきたのではなく、先人の知恵、経験を見てきたからです。

どうやって?

それは、ズバリ!インターネットです。

インターネットで検索すればいくらでも先人の知恵、経験が見つかります。

その中で本当に役に立ちそうなものを選択し実行してみるのです。

皆さんが今読んでいる僕のブログも、僕の知識であり、経験です。

僕の知識、経験を皆さんにシェアしたいと思い、このブログを書いています。

 

インターネットのおかげで、なんでも自分でできるようになった。これから先は?

インターネットの中には先人の知識、経験があふれています。

そのおかげで、自分の知らないことでも簡単に調べられるし、自分でできるようになりました。

その反面、人から依頼を受けて代行して収入を得ていた人たちの仕事が減ったということです。

仕事というものは分業、代行です。

これから先、IT技術の発展により分業、代行のバランスが大きく変わって来ます。

ロボット化、自動化、が進み、今僕がおこなっている事務系の仕事もコンピューターが自動でやってくれるようになります。

このままだと僕はなにもできなくなる。

やらなくていい(楽になる)のではなく、できなくなる(必要なくなる)という意味です。

インターネットのおかげで本当に便利になりました(今までは)。

しかし、これから先は僕にとって試練の未来が待っています。

ネット社会から逃げることはできません。

自分が変わるしかないのです。

 

まとめ

この記事を読んで皆さんはどのようにお考えになったでしょうか?

僕と同じように未来に不安を感じる方。

これからは自分の世界だ。とわくわくしておられる方。

ぜんぜん想像がつかないという方。

それぞれいらっしゃるでしょう。

僕は、まちがっても不安を煽るためにこれを書いているのではありません。

今からでも変われる、遅くない、勇気をもって一歩ふみ出そうといいたいのです。

政府も「働き方改革」を掲げ、副業を推進しています。

今、動き出す時です。

myself副業

Posted by comyuo