eve vの到着までまてない!すったもんだもふくめて事前解説

2017年11月23日


 

eve vの到着がまちきれません。

eve vとはどんなPCなのか。

なぜ遅れているのか。

到着前ですが、事前解説してみたいと思います。

eve vとは

フィンランドのテクノロジー企業「eve」が運営するコミュニティサイトにて「理想のノートPC」を開発するプロジェクトをスタートしました。

そこに集まったガジェットオタク1000人によっていろいろな意見交換がなされタブレット型ノートPC「eve v」が誕生しました。

eve vのスペック

surface pro4との比較
eve v surface pro4
CPU intel 7th gen corei7-y intel 6th gen corei7-u
RAM 16GB LPDDR3 16GB LPDDR3
STORAGE 512GB SSD 512GB SSD
PORTS 2x full-size usb3.1 gen 1

1x usb3.1 gen 1 usb-c

1x thunderbolt3 usb-c

1x 3.5mm audio

1x micro sdxc reader
1x full-size usb3.0

1x mini display port

1x microsd reader

1x 3.5mm audio

1x surface connect for power and decking
DISPLAY 12.3inch igzo lcd 2736×1824 resolution

1:1400 contrast ratio,450 nits brightness

anti-reflection coating
12.3inch lcd 2736×1824 resolution

1:1300 contrast tatio,430 nits brightness
BATTERY  48 wh 10-12 hours real use(claimed 10-12) 39 wh 5-6 hours real use(claimed9)
AUDIO quad speakers,audio jack amplifier by t1 dual speakers
KEYBORD  pogo-pin and wireless

bluetooth 4.2,connects up to 3 devices
pogo-pin folio keyboard
PRICE  1399 usd 2350 usd
eve vのグレードはほかにも
  • core i5モデル
  • core m3モデル
があります。

僕が実際に購入したのはcore i7モデルで
  • 本体(キーボード、ペン含む)1408ドル
  • 日本語キーボードアップグレード 20ドル
  • 保護スリーブ 29.9ドル
  • windows 10 proアップグレード 50ドル
  • 送料 50ドル
  • 税関費用 75ドル
  • 合計 1632.9ドル
日本円にすると約188,000円(1ドル115円で計算)

になります。

送料とか税関費用のことは考えていませんでしたけど

この価格でこのスペック、どうですか。

現在では「surface pro4」の後継機「surface pro」が出ていますので「surface pro」のほうがCPUなど新しくなっていると思います。

この「eve v」が約1年前クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で販売されました。

そしてなんと、販売初回ロット500台が3時間もかからずに完売したのです。

すごい人気ですね。

僕が購入したのは第3ロットくらいだったと思います。

最終的には4,000台くらい売れていると思います。

順調にいけば平成29年5月のゴールデンウイーク前には僕の手元に届く予定でした。

しかし、その期待は大きく外れ・・・・

クラウドファンディングの仕組みを僕はよくわかっていませんでした。

クラウドファンディングとは

「こんなモノを作りたい」といったアイデアを持つ人や企業が、インターネットを通じて、世界中の人に呼びかけ、それに共感した人から広く資金を集める方法です。

そして、クラウドファンディングには「寄付型」「融資型」「投資型」「購入型」という4つのタイプがあり、今回のeve vは購入型になります。

このクラウドファンディングにはリスクがあり、購入した商品が必ず手元に届くという保証はありません。

(僕はこのあたりのことについて全く無知でした。過去には資金集めがうまくいったにもかかわらずプロダクトが完成せず、出品していた企業が倒産してしまったということもあったようです。)

僕はてっきり、このeve vは完成しているものと思っていました。

当初、初回ロットは平成29年2月に完成し発送するとアナウンスされていました。

しかし実は、完成していなかったのです。

製造開始までの紆余曲折

平成28年12月 資金集めが完了し、製造に取りかかるものと思いきや

(この時点では平成29年4月に出荷するとアナウンスされていました。)

平成29年2月 まず最初にテスト用のプロトタイプ20台くらいが製造され、任意のユーザーに配送されました。

そして、プロトタイプのテストの結果、バグの修正が行われました。

このほかキーボードレイアウトの調整も行われていました。

平成29年4月 バグの修正が終わり、パーツの発注。

平成29年5月 パーツの到着とチェック。

(パーツのテストで不具合がいくつか出てきています。特に致命的なのがディスプレイの欠陥でした。この欠陥は結局、メーカーでの修正ができずに、仕入れ先を探し直すことになります。)

平成29年7月 ディスプレイの仕入れ先の候補として日本のシャープが出てきました。

(このときはうれしかったです。シャープに決まってほしいと思いました。)

平成29年8月 シャープ製ディスプレイのテストが行われ、想像以上に良いディスプレイであるということがわかりました。

(さらに期待が高まります。)

平成29年9月 シャープ製ディスプレイを採用することに決定!

(やったー!)

平成29年10月 シャープ製ディスプレイ到着!

(製造は中国で行なわれています。)

現在製造中!

まとめ

eve vの魅力は伝わりましたでしょうか。

すったもんだありましたが、最終的にシャープのディスプレイが採用されたことにうれしく思っています。

とにかく到着が待ち遠しいです。

 

比較eve v

Posted by comyuo