エックスサーバーの契約からwordpressのインストールまで7ステップで徹底解説!

2017年11月23日


 

今回はブログ開設初心者のためにエックスサーバーの契約からwordpressのインストールまでを徹底的に解説していきます。

※独自ドメインの取得はおこないません。

※試用期間での利用を想定しています。

 

エックスサーバーの契約について

エックスサーバーの登録

検索エンジンでエックスサーバーと検索してください。

エックスサーバーのホームページ内の「お申し込みはこちら」ボタンをクリックしてください。

次ページで初めてエックスサーバーご利用の方「サーバー新規申込み」ボタンをクリックしてください。

 

必要事項を入力します

サーバーID(初期ドメイン)は任意の文字です。

プラン、まずはX10(スタンダード)ではじめましょう。

その他会員情報を入力してください。

利用規約のボックスにチェックを入れて

お申し込み内容の確認へ進みます。

内容に間違いがなければ「お申し込みをする」ボタンをクリックしてください。

 

メールを確認します

メールの受信トレイを確認してください。

【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間]

というメールが届きます。

このメールはこの後に使う設定情報が書かれています大変重要なものです。

メール内にある「インフォパネル」へのリンクをクリックしてください。

 

インフォパネルにログイン

メールに書かれている

会員IDとインフォパネルパスワードを使ってログインします。

wordpressのインストール方法

 

サーバーパネルにログインします

インフォパネル内のサーバーパネルログインボタンをクリックしてください。

次ページで自動インストールをクリックしてください。

次ページで選択するをクリックしてください。

次ページでプログラムのインストールタブをクリックして画面を切り替えてください。

画面が切り替わったらwordpressの「インストール設定」ボタンをクリックしてください。

wordpressのインストールに必要な情報を入力します

ユーザー名は任意の文字です。

パスワードも任意の文字です。

データベースのところは「自動でデータベースを生成する」にチェックしてください。

 

メールアドレスまで入力できたら「インストール(確認)」ボタンをクリックしてください。

次ページの確認画面の内容に間違いが無ければ「インストール(確定)」ボタンをクリックしてください。

 

wordpressのコントロールパネルにログインします

wordpressのインストール完了画面が出たら

画面内にwordpressにログインアドレスが書かれていますのでクリックしてください。

※インストール完了画面は大変重要です。スクリーンショットなどで保存してください。

wordpressのログイン画面が出たら先ほど設定したユーザー名とパスワードでログインします。

wordpressのダッシュボード画面がでます。

 

以上でエックスサーバーの契約からwordpressのインストールまでの手順となります。

いかがでしょうか?

すごくかんたんですよね。

ここまで実際にやってみてエックスサーバーの良さを実感しました。

エックスサーバーは操作がわかりやすく安定感も抜群ですので僕も使いたいなと思っています。

今回は試用期間の設定ですので

本契約の場合は料金の支払をしてください。

また、独自ドメインを使う場合はネームサーバーの設定も必要です。